遺産分割協議に参加するのは相続人だけ?

遺産分割協議に参加するのは相続人ですが、相続人以外の方も協議に参加しないといけない場合もあります。

 遺産分割協議に参加すべき人は、相続人全員であることが原則ですが、例外的に相続人以外の方が分割協議に参加する場合があります。
“遺産分割協議に参加するのは相続人だけ?” の詳細は »

住んでいた建物や土地についての知識

借地や借家の場合は、かなり古い契約がそのまま続いている場合も多々あるため、契約書の書き直しが必要になる場合もあります

借地や借家の契約の変更はしたほうがいい、とご説明をしますが

法律上は絶対しなければならないわけではありません。

 

借地の場合は、地主さんに連絡をして引き落とし口座の変更を行ってください。

現金払いのときはあまり手続きは必要ないですが、なくなったことは伝えておいたほうがいいでしょう。
“住んでいた建物や土地についての知識” の詳細は »

ふとした時に出てくるのが相続の受遺者の要件

相続手続きで要件のすべてを満たす受贈者が非課税の特例の対象

受遺者の要件は以下の通りです。
次の要件のすべてを満たす受贈者が非課税の特例の対象となります。
(1) 次のいずれかに該当する者であること。
“ふとした時に出てくるのが相続の受遺者の要件” の詳細は »

何度呼んでも興味深いのは相続の財産の管理義務だ

相続財産の管理義務とは、自己の財産におけるのと同一の注意義務(民法第940条)が存在しています。

第940条

1.相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。
“何度呼んでも興味深いのは相続の財産の管理義務だ” の詳細は »

人を戸籍の上で死亡させる手続きが相続にはある

不在者は法律上、死亡したものとみなされる。 不在者の財産などを相続や処分できるようになる。 配偶者は婚姻を許される。

7年以上不在者の行方がわからない場合は失踪宣告を申し立てると、不在者は死亡したものとみなされます。失踪宣告をうけるためには、家庭裁判所に失踪宣告の申立てをしなければなりません。
“人を戸籍の上で死亡させる手続きが相続にはある” の詳細は »

 

不動産を相続したら土地と建物でする手続き

不動産(土地、建物)を相続で第三者にゆずりたいときには その相続人は地方法務局でそうぞくによる所有者移転の手続きをしなければいけないのです

登記をしないとこうなる。
不動産(土地、建物)を相続で第三者にゆずりたいときには
その相続人は地方法務局で相続による所有者移転の
手続きをしなければいけないのです。
“不動産を相続したら土地と建物でする手続き” の詳細は »

隠れた相続人が現れることがあるので注意しよう

相続人であれば、後に出てきる遺産分割協議に参加させなければなりません。相続人全員が参加しない遺産分割協議は法的に無効です。

誰かが亡くなると誰が相続人になれるのかは、民法で定められています。

しかし、中には家族も知らない隠れた相続人がいる場合があります。
“隠れた相続人が現れることがあるので注意しよう” の詳細は »

 

自分だけが得しないための相続手続きの証明書

被相続人から生前に贈与や遺贈を受けた場合、その相続人は本来の相続分を受けられないこともある。

■特別受益証明書=相続分がないことの証明書被相続人から生前に贈与や遺贈を受けた場合、その相続人は本来の相続分を受けられないこともあります。生前贈与や遺贈の価値を見極めるためにその相続の証明を出さなくてはいけません。
“自分だけが得しないための相続手続きの証明書” の詳細は »

相続の登記原因証明情報とは

相続が発生した場合の登記原因を証明するために必要な書類は?

相続が発生した場合の登記原因を証明するために
以下のような書類情報が必要です。
“相続の登記原因証明情報とは” の詳細は »

 

自分やれば費用の浮く相続の際の登記について

相続の登記に必要な書類には、登記申請書だけでなく、代理権限証書などの添付書類もあるのです。

相続の登記に必要な書類をまとめてみました。

■登記申請書

・・・・・相続による投機の原因や
発生の年月日、相続人の住所氏名などを記載します。
“自分やれば費用の浮く相続の際の登記について” の詳細は »

 
« 過去の記事
 

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。