隠れた相続人が現れることがあるので注意しよう

誰かが亡くなると誰が相続人になれるのかは、民法で定められています。

しかし、中には家族も知らない隠れた相続人がいる場合があります。

たとえば夫が妻と結婚する前に付き合っていた女性との間にかくし子がいたなどです。

(認知はしていない)

このように夫に隠し子がいた場合、認知をしていなければその子は相続人になれませんが、夫の死後隠し子側が認知を請求することはできます。子は父または母の死後3年間は認知請求訴訟を起こすことができるとされています。遺産を分割した後に認知が認められた場合は、遺産分割協議自体をやり直す必要はないですが、請求があれば他の相続人はその子の相続分相当の価額を支払わなければならないこととなります。

分割前に認められれば相続人となりますので、当然のことながら相続人であれば、後に出てきる遺産分割協議に参加させなければなりません相続人全員が参加しない遺産分割協議は法的に無効です。また、もともと認知はされていたが、相続があったことを知らされていなかったこともありえます。

こういう場合には、他の相続人に対して相続回復請求の申立てをその子が家庭裁判所に起こすことができます。相続回復請求権は相続権の侵害を知ったときから5年、または相続開始から20年で時効消滅します。

それから別のケース。夫の両親がすでに亡く、夫が一人っ子であれば、遺産は全て妻が相続するはずです。しかし実は、夫の母が夫の父と結婚する前に、別の男性と結婚、離婚していて、その男性との間に子が生まれていたら死んだ夫とは異父兄弟です。
こういう場合、夫の兄弟にあたる者が自分の相続権を放棄しなければ、妻は全遺産を相続することはできず、遺産の4分の1は夫の兄弟の相続分として支払わなければなりません。しかし、生前夫が妻に全財産を相続させる旨の遺言書をきちんと残しておけば、被相続人の兄弟姉妹には遺留分がないので、妻が100%相続することができます。

«
»
 

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。

トラックバック URL

コメントを書き込む