自分やれば費用の浮く相続の際の登記について

相続の登記に必要な書類には、登記申請書だけでなく、代理権限証書などの添付書類もあるのです。

相続の登記に必要な書類をまとめてみました。

■登記申請書

・・・・・相続による投機の原因や
発生の年月日、相続人の住所氏名などを記載します。
“自分やれば費用の浮く相続の際の登記について” の詳細は »

共同相続人が登記の手続きに協力しない

相続人の誰かが、遺産分割協議の話合いに応じない場合は、遺産分割の調停ないし審判を申し立てることができます。

中には共同相続人で登記に必要な書類に協力しない
方もいる場合があります。

その場合には遺産分割協議書をもって、調停や
家庭裁判所へ提出し判断を仰ぐことになります。
“共同相続人が登記の手続きに協力しない” の詳細は »

あまり意識しないが相続登記のトラブルにも注意だ

遺産分割協議書に全員の署名捺印(実印)し、印鑑証明を添付して戸籍謄本をつけて提出します。

遺産分割の内容に従って相続の登記をすることになれば
必要な書類をそろえることになります。
“あまり意識しないが相続登記のトラブルにも注意だ” の詳細は »

最新の記事 »
 

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。