あまり意識しないが相続登記のトラブルにも注意だ

遺産分割の内容に従って相続の登記をすることになれば
必要な書類をそろえることになります。

遺産分割協議書に全員の署名捺印(実印)し、印鑑証明を
添付して戸籍謄本をつけて提出します。
しかし登記をしないままにしておくと先に述べたような
トラブルが発生する場合があります。

たとえば遺産を勝手に相続人の一人が処分したなどです。
また特別受益証明書を添付して
相続の登記を行う場合もあります。
この特別受益証明書とは、被相続人が
死亡する前に相続人が相続分を超過した財産を
受け取っている場合などに相続に当たり
相続分が存在しないことを証明するための書類になります。

 

(特別受益者の相続分)第903条 共同相続人中に、
被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組の
ため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、
被相続人が相続開始の時において有した財産の価額に
その贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、
前3条の規定により算定した相続分の中からその
遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもって
その者の相続分とする。
遺贈又は贈与の価額が、相続分の価額に等しく、
又はこれを超えるときは、受遺者又は受贈者は、
その相続分を受けることができない。

 

»
 

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。

トラックバック URL

コメントを書き込む