自筆証書遺言の書き方

遺言を書きたい、でも手続きが面倒だ、と
お思いの方も多いのではないでしょうか?

安心してください。実は、遺言は簡単にかけます。
と言うのも、遺言には種類があって、一番簡単な方法で作成すると
自分一人だけで簡単に作成することができるんです。
法律上は、自筆証書遺言と言う名前が付いています。

その自筆証書遺言書を作成するためのルールは下記の3つだけです。
このルールが守られていれば遺言が作成できます。

ただし、このルールが守られていないと
遺言が無効になってしまうのでお気をつけ下さい。

まず1つめ
 遺言の内容と日付、遺言者の署名を自分で書くこと
 すべて手書きです。パソコン等で作成したものにサインをしても無効です。 

次に2つめ
 遺言を書いた日付を必ず記入すること
 いつ書いたものかが分からないと無効です。
 何年何月何日と、確実に書きましょう。

最後3つめ
 書いた遺言に自分で署名をし、押印をすること
 印鑑は認印でも拇印でも可能です。

いかがでしょう?思ったより簡単に作れそうではないですか?
遺言に興味がある方は、まずはご自身で作ってみてはいかがでしょうか?

«
 

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。

トラックバック URL