タグ: 範囲

自分だけが得しないための相続手続きの証明書

被相続人から生前に贈与や遺贈を受けた場合、その相続人は本来の相続分を受けられないこともある。

■特別受益証明書=相続分がないことの証明書被相続人から生前に贈与や遺贈を受けた場合、その相続人は本来の相続分を受けられないこともあります。生前贈与や遺贈の価値を見極めるためにその相続の証明を出さなくてはいけません。
“自分だけが得しないための相続手続きの証明書” の詳細は »

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。