カテゴリー: 契約書を取り交わす意味について

住んでいた建物や土地についての知識

借地や借家の場合は、かなり古い契約がそのまま続いている場合も多々あるため、契約書の書き直しが必要になる場合もあります

借地や借家の契約の変更はしたほうがいい、とご説明をしますが

法律上は絶対しなければならないわけではありません。

 

借地の場合は、地主さんに連絡をして引き落とし口座の変更を行ってください。

現金払いのときはあまり手続きは必要ないですが、なくなったことは伝えておいたほうがいいでしょう。
“住んでいた建物や土地についての知識” の詳細は »

何度呼んでも興味深いのは相続の財産の管理義務だ

相続財産の管理義務とは、自己の財産におけるのと同一の注意義務(民法第940条)が存在しています。

第940条

1.相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。
“何度呼んでも興味深いのは相続の財産の管理義務だ” の詳細は »

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。