住んでいた建物や土地についての知識

借地や借家の契約の変更はしたほうがいい、とご説明をしますが

法律上は絶対しなければならないわけではありません。

 

借地の場合は、地主さんに連絡をして引き落とし口座の変更を行ってください。

現金払いのときはあまり手続きは必要ないですが、なくなったことは伝えておいたほうがいいでしょう。

借地の名義書き換え料や様々な名目で、地主さんが金銭を請求してきた場合は、

早めに専門家に相談することをお勧めします。借地や借家に関する法律はとても複雑で、

何を支払らわなければならないかを判断するのは、非常に難しいからです。

たとえば、借地借家法制定前の契約なのか、あとの契約なのかで取り扱いが変わってきます。

立ち退き料の問題が出てくることもあります。

建物が建ったままの土地を、地主さんに返す場合は、税金のことを少し考慮しなければなりません。

他人の土地の上に家を建てている場合は、借地権という財産評価になるからです。

立ち退き料が借地権の譲渡になり、譲渡所得の申告をしなければならないこともありますので

気をつけましょう。

 

 

«
 

相続手続きは横浜のプロにお任せください

相続の手続きはお早めに。
相続人が亡くなってしまうと、関係者が増えて、どんどん厄介になります。 横浜での相続のご相談承り中
相続でお困りでしたら、ぜひ司法書士へご相談ください。 無料相談でここまで相続についてしてくれるのかと評判です。

トラックバック URL

コメントを書き込む